結婚式場の服装マナー!印象アップにはこれ!

結婚式や披露宴では、ドレスコードというものがあります。聞いたことがあるでしょうか?フランス料理などのお店によくある、ノーネクタイ、ジャケットなしはお断り、というアレです。一般的なマナーとして知っている方は多いでしょうが、意外とNGなものもあります。また、工夫によってドレスコードの中でもオシャレをアピールすることもできます。花嫁を立てながら自分の印象アップにつながるマナーを覚えておきましょう。

まず、昼間の結婚式の場合です。大前提として、結婚式の主役はもちろん結婚するおふたりです。その二人より目立ってしまっては式も台無し…とはいいませんが、周りから見て、空気読めないやつだと思われてしまいます。なので、以下の三つをしっかり守りましょう。

・花嫁より目立たないこと。
・肌は露出しすぎないようにすること。
・キラキラ光る飾り物や素材のものは避けること。

清楚さを演出して、結婚式場を盛り上げてあげましょう。これは意外と知られていないかもしれませんが、夜の結婚式だと下のふたつは逆になります。

夜の結婚式の場合
・肌を露出してOK。
・キラキラ光る飾り物や素材を積極的に使うとよい。

このようになります。昼と夜、しっかり区別して、おしゃれをしてくださいね。

それでは細かく見ていきましょう。まず、ゲストのドレスについてです。定番のマナーですが、白いドレスは避けましょう。結婚式においては、白は花嫁の色。それを邪魔しちゃいけません。また、結婚式では写真をよく撮ることになります。写真に写った時に白に見えやすい、ベージュや淡いピンクも避けた方が良いです。おすすめは黒のゲストドレスです。全身真っ黒にならなければ、大人の女性を演出してくれます。

昼に着るドレスですが、光沢感のある素材や、透けるドレスは避けた方が無難。サテン生地やラメ、スパンコールが入っているものは、夜の結婚式向きです。ドレスの一部に、アクセント的に入っているのであれば、問題ないことが多いです。

袖丈ですが、昼の結婚式場ではあまり肌を露出しないのがマナーです。もしもノースリーブを着るのであれば、ショールやボレロで隠すようにしましょう。逆に夜は積極的に肌の露出をしていってかまいませんが、下品になりすぎないようにしましょうね。また意外と知られていないのですが、ファー素材のもの、革素材のものは結婚式には厳禁です。これは、毛皮や革が、生き物の殺生をイメージさせるからと言われています。これらのものは選ばないようにしましょう。

最後に、結婚式場にぴったりのアクセサリーを。昼の結婚式では光らないものを選ぶのがマナーです。無難なのはパールですが、ほかにもメノウやムーンストーン、ラピスラズリ、トルコ石などは光の反射が少ないのでおすすめです。ダイヤモンドやゴールドのものは、夜の結婚式に選ぶのがおしゃれ。夜は輝きの強いものを選ぶのが定番です。

いかがでしたでしょうか?意外と知らないマナーもあったのではないでしょうか。昼と夜ではふさわしいものが違ってきます。どちらにも共通して言えるのは、花嫁よりも目立たないことです。昼夜それぞれのマナーを頭に入れて服装を選べば、知っている人から見ればとても「できるひと」に見られます。このようなところからひとの印象は形作られていきますので、結婚式場での印象アップに、ぜこれらのマナーを生かしてくださいね。