結婚式場はレストラン?工夫が光るレストランウェディング!

「背伸びせずに、自分たちらしい個性的な結婚式にしたい」と考えているカップルの方々、そんなおふたりにおすすめなのが、レストランウェディングです。なぜレストランウェディングがおすすめなのか、その魅力を徹底解説していきます。

その1.料理がおいしく、こだわりも聞いてくれる

本職のレストランですから、お料理も種類が多く美味しいものが多いのが特徴。旬の食材を使ったものであったり、アレルギーに対応してくれたり、作り立てをその場で出してくれたりと至れり尽くせり。お互いの故郷の名産を使った料理を作ってもらうなど、料理にはかなり幅広く対応してくれるところが多いので、個性豊かなパーティが開けます。

その2.自分たちらしさを、自由な演出で。

レストランという形上、一般の結婚式の形にとらわれない演出が可能です。立食スタイルにしたり、手作りアイテムを使って演出をしたり方法はさまざま。結婚式場ではありませんので、あれができないこれはオプションになる、ということが少なく、ほとんど自分たちの思い通りにできてしまいます。 また、レストランウエディングは貸し切りになることが多いものです。時間帯によってはその日一日貸し切れますので、時間を気にせず盛り上がることができます。

私が考える最大のレストランウェディングのメリットはここにあります。ゲストに対して自分の人生の伴侶を紹介するだけでなく、自分たち流におもてなしができ、またそのおもてなしが伝わりやすいのです。ありきたりのものではなく、参加してくれたゲストも一生覚えていてくれる、そんな式も、工夫次第で作ることができるのです。

その3.コストパフォーマンスが良い

ゴンドラに乗って登場したり、身長よりも高いようなウェディングケーキはないけれど、その分コストパフォーマンスは最高です。これはやりたいけれど、これは無くてもいい…そういうわがままもきちんと聞いてくれます。結婚式専門の施設ではないため設備は充実しているわけではありませんが、その分お安くなっているところもポイント。費用というのはなかなか頭の痛い問題ですから、レストランウェディングを選ぶことで、その部分も解決できてしまいますね。

また、イベントなども友人たちになにか企画をお願いして、特に追加費用もかからずにできてしまいます。新郎新婦とゲストの距離が近いレストランウェディングならではのメリットですね。

私が以前参加したことのあるレストランウェディングでは、参加者全員をポラロイドカメラで撮影して、新郎新婦にひとことずつコメントをあげるというイベントをやっていました。とても素敵な企画で、新郎新婦も大喜びでした。このように、個性がきらりと光るレストランウェディング、検討してみてはいかがでしょうか?

結婚式場ではこれをチェック!!式場選びのコツ5選!

これから結婚式を考えているみなさん、本当におめでとうございます。いろいろと準備もあって大変だと思いますが、まずは決めなければいけないのが結婚式場ですよね。世の中にはさまざまなかたちの結婚式があり、それに合わせてさまざまなタイプの結婚式場があります。どのように選んでいいかわからないカップルのために、結婚式場選びのコツをまとめました。

1.まず自分たちのテーマ、優先順位、結婚式スタイルを決めること

これが最大にして最初の関門です。これを絞り込めばおのずと決まってくるといっても過言ではありません。

①テーマ
いろいろな結婚式のスタイルがありますが、どのようなテーマで結婚式をするのでしょうか?親族に紹介するため?会社の人たちと招いて印象をよくしたい?それともアットホームにわいわいがやがややりたいのでしょうか?

まずはテーマを二人で話して絞り込んでください。最低でも二つくらいに絞り込むことです。テーマが決まれば次は優先順位です。

②優先順位
料理、雰囲気、フォトウェディングをしたい、ビデオを流したい、その他もろもろあると思いますが、これだけは譲れない、というものを2つほど選んでおきましょう。どんなに探しても、すべてが100%満足いくというような結婚式場や結婚式プランはないと思った方が良いです。妥協できるところ、妥協できないところを決めておくのは大事なことです。

③結婚式スタイル
以上のふたつを決めたら、次はスタイルを決めます。会場ごとに特徴がありますので、それを覚えておきましょう。レストランウェディングであれば、貸し切りができて料理も美味しくアットホームさがウリです。ホテルであれば広々とした会場にホスピタリティ溢れるスタッフがそろっているし、設備も充実しています。ゲストハウススタイルでは、邸宅をひとつ貸し切ってできますので、ガーデンウェディングや邸内での式など、やりたいことがかなり自由に選べます。
2.いよいよ会場選び

テーマ・優先順位・スタイルを決めたら、それに合うような式場を探していきます。いろいろな式場があって迷うことと思いますが、まずは自分たちのテーマと優先順位から考えて、どんなタイプの会場にするのかを選び、それから実際にそこを訪れてみる、というのが基本です。レストランなら食べに行ってみる、ほかの会場ならブライダルフェアなどに参加してみるなどし、雰囲気をつかむことです。会場によって対応できるもの、できないものがありますから、そういうものが出てくるたびに自分たちのテーマや優先順位を見直して選んでいきましょう。

①とことん希望を話し、どこまでできるのかしっかり聞くこと

これはすごく大事です。結婚式は自分たちが主役です。ブレることなく、妥協できないところでは一切妥協せずに話し合ってくださいね。これでいいや、が後で一番後悔します。

②予算

あとは自分たちの予算と相談です。参加してくださる人数からだいたいのご祝儀が予想できると思いますので、それも考えに入れて予算設定をするといいでしょう。甘めに見積もるとあとで痛い目にあいますから、少し厳しめくらいでちょうどいいです。妥協できないプランは外さずに、妥協できるところでうまく調整していきましょう。

いかがでしょうか。まずなにより大事なのは、主役である自分たちがなにをしたいのか決めていくこと。ここがしっかりしないと、流れるままに決まってしまいがちです。一生の思い出に残るものですから、しっかりゆっくり話し合って決めてください。素敵な結婚式ができることをお祈りしています。

結婚式場での大人の振る舞い!注目される10の方法

結婚式場や披露宴会場では、さまざまなマナーが存在します。ひととおりは心得ているという方も多いと思いますが、会場での振る舞いとなると、これは経験を積んでいかないとわからないこともあります。そこで、ここでは「お、こいつできるな」と感心される大人の振る舞い方を伝授します。これであなたもマナー上手を目指してくださいね。

その1.ご祝儀袋と持参マナー

①金額について
結婚式のご祝儀金額は、割り切れる数字でないこと(3万円、5万円など)がよいとされています。これはご存知の方も多いでしょう。

②祝儀袋の水切り
祝儀袋の水切りは、コンビニなどに置いてあるものだと「蝶結び」になっているものがあります。これは、結んでもすぐほどける結び方であることから、繰り返し結ぶ→結婚を何度もする、という連想をさせるため、結婚式には不向きです。一度結んだらほどけない結び切りのものを選びましょう。

③祝儀袋の言葉
また、祝儀袋に書いてある言葉。「御祝」では少し弱く感じます。「寿」と書いてあるものを選びます。名前は、ボールペン・サインペンは避け、毛筆または筆ペンで書きましょう。間に合わせではなく、心からのお祝いだということを表すためです。

④持参するときの注意
祝儀袋の折り返しは上向きにしましょう。下向きは弔事のときに使うやり方です。もちろん祝儀袋をそのまま持っていくのは大人のマナーとは言えません。ふくさに包んで持っていきましょうね。

その2.結婚式での振る舞い

①神前式の場合
神前式の場合、神社によっていろいろな作法があります。ものによっては神殿に靴を脱いであがっていくこともありますので、素足ではなくストッキングなりタイツなりを履くようにしましょう。あとは、基本的に進行の方にお任せしていれば大丈夫です。

②教会式の場合
教会式では、光るアクセサリー、肌の露出は厳禁です。肩が出ていたりするものを着ていくなら、羽織を必ず用意してください。また、バージンロードは新郎新婦が歩くための道。式が終わって退出するときでも、足を踏み入れてはいけませんよ。

その3.披露宴

①乾杯について
誤解されている方がよくおられますが、フォーマルな場での乾杯は、グラスをぶつけ合わせるものではありません。これは信頼できない相手と会食する際のやり方です。グラスをもって、すっとグラスを上げるだけでかまいません。

②食事について
食事は、セッティングが終わったからといって勝手に食べ始めないようにしましょう。司会の方が促してくれますので、それに合わせていただいてください。テーブルマナーは忘れずに!

③歓談のとき
新郎新婦の親族の方がご挨拶に回ってきますので、お祝いの言葉を述べましょう。また、そのときお酌をしてくださると思います。まったくお酒が飲めないのであれば、「不調法で申し訳ありません」と伝えます。飲める方であれば、グラスにお酒が満たされている場合は一口でもよいので飲んで、お酌できるように心遣いをしましょう。

④時計、携帯などは厳禁
スマートフォンや携帯電話は、新郎新婦の写真を撮るときだけにして、それ以外はできる限り触らないようにしましょう。式場は暗くなっていることが多いので、画面のバックライトで迷惑になります。また、時間を気にしていると思われては元も子もありません。同じ理由で、結婚式には腕時計をつけていかないのがマナーとなっています。こちらも合わせて注意してくださいね。

これらを守っていれば、マナーのできた素晴らしい方だと判断されるでしょう。大人の振る舞いをもってお祝いしてあげてくださいね。

やってはいけない?結婚式場で嫌われるマナー!

結婚式にはあまり知られていないマナーがたくさんあります。ここでは、これだけはやってはいけない!!というマナーをご紹介します。せっかくの楽しい結婚式もひとつマナーを守らないだけで台無しになってしまうこともあります。よく覚えておきましょう。

その1.メールでの出欠連絡は厳禁。

これは当たり前ですよね。結婚式の招待状自体も、メールなどでは来ないはずです。きちんときた招待状に返信するようにしましょう。手軽だからとはいえ、結婚式というのは非常にフォーマルな場です。参加する側も、それなりの礼儀とマナーが求められるのを忘れないようにしましょう。

その2.これは厳禁!ファッションマナーのNG集

結婚式場では、白い色は花嫁の色です。当たり前ですが、白い色のドレスは避けましょう。また、結婚式場では写真を撮ったり撮られたり、ということが多くあると思います。カメラのフラッシュに当たると白に見えてしまうドレス、たとえばベージュであったり、シルバー、淡いピンクも避けた方が無難。それにお色直しで花嫁が着るカラードレスも極力同じ色にならない方がよいので、事前に聞いておくようにしましょう。

それから、過度の肌の露出はNGです。結婚式というのはフォーマルな場ですので、セクシーさよりも清楚さでアピールを。生脚もよろしくありませんので、ストッキングなどを履くようにしましょう。また意外と知られていないことですが、つま先は隠すのがマナー。ミュールではなくてパンプスを選びましょう。

結婚式では、殺生を連想させるものはマナー違反とされています。ファー素材、革素材はマナー違反に当たります。また、冬場などではブーツを選ぶ方もいるかもしれませんが、ブーツは狩猟が起源。これも殺生を連想させるので、ブーツは履かないようにしましょう。

それにこれもやってしまいがちですが、腕時計はマナー違反に当たります。これは、時間を気にしている、と思われてしまうからです。せっかくの結婚式や披露宴ですから、時間を気にせず楽しんでいってくださいね、という新郎新婦の気持ちを無にすることになります。

これは特に女性に言えることですが、黒いドレスはありがちですが、全身黒のコーディネートは避けてください。女性の身に着ける黒は、男性よりもはるかに喪服のイメージが強いものです。おめでたい席ですから、バッグやストールなどで明るい色をプラスして、真っ黒コーディネートにならないようにしましょう。

また、結婚式場では香水はNGです!!香水の匂いは、周りの人間にとってはかなり強く感じるものです。せっかくの美味しい料理が出ているのに、匂いで食欲もなくなり、味も繊細な料理の香りも台無しになってしまいます。ガーデンスタイルの結婚式場だったりすると、ものによっては虫が寄ってきて大惨事に…なんてこともありますので、気を付けてください。

いかがでしたでしょうか、意外と知らずにやってしまっていたこともあるのではないでしょうか?大切な友人や同僚の結婚式を台無しにしないためにも、最低限のマナーは頭に入れておきましょう。

結婚式場の服装マナー!印象アップにはこれ!

結婚式や披露宴では、ドレスコードというものがあります。聞いたことがあるでしょうか?フランス料理などのお店によくある、ノーネクタイ、ジャケットなしはお断り、というアレです。一般的なマナーとして知っている方は多いでしょうが、意外とNGなものもあります。また、工夫によってドレスコードの中でもオシャレをアピールすることもできます。花嫁を立てながら自分の印象アップにつながるマナーを覚えておきましょう。

まず、昼間の結婚式の場合です。大前提として、結婚式の主役はもちろん結婚するおふたりです。その二人より目立ってしまっては式も台無し…とはいいませんが、周りから見て、空気読めないやつだと思われてしまいます。なので、以下の三つをしっかり守りましょう。

・花嫁より目立たないこと。
・肌は露出しすぎないようにすること。
・キラキラ光る飾り物や素材のものは避けること。

清楚さを演出して、結婚式場を盛り上げてあげましょう。これは意外と知られていないかもしれませんが、夜の結婚式だと下のふたつは逆になります。

夜の結婚式の場合
・肌を露出してOK。
・キラキラ光る飾り物や素材を積極的に使うとよい。

このようになります。昼と夜、しっかり区別して、おしゃれをしてくださいね。

それでは細かく見ていきましょう。まず、ゲストのドレスについてです。定番のマナーですが、白いドレスは避けましょう。結婚式においては、白は花嫁の色。それを邪魔しちゃいけません。また、結婚式では写真をよく撮ることになります。写真に写った時に白に見えやすい、ベージュや淡いピンクも避けた方が良いです。おすすめは黒のゲストドレスです。全身真っ黒にならなければ、大人の女性を演出してくれます。

昼に着るドレスですが、光沢感のある素材や、透けるドレスは避けた方が無難。サテン生地やラメ、スパンコールが入っているものは、夜の結婚式向きです。ドレスの一部に、アクセント的に入っているのであれば、問題ないことが多いです。

袖丈ですが、昼の結婚式場ではあまり肌を露出しないのがマナーです。もしもノースリーブを着るのであれば、ショールやボレロで隠すようにしましょう。逆に夜は積極的に肌の露出をしていってかまいませんが、下品になりすぎないようにしましょうね。また意外と知られていないのですが、ファー素材のもの、革素材のものは結婚式には厳禁です。これは、毛皮や革が、生き物の殺生をイメージさせるからと言われています。これらのものは選ばないようにしましょう。

最後に、結婚式場にぴったりのアクセサリーを。昼の結婚式では光らないものを選ぶのがマナーです。無難なのはパールですが、ほかにもメノウやムーンストーン、ラピスラズリ、トルコ石などは光の反射が少ないのでおすすめです。ダイヤモンドやゴールドのものは、夜の結婚式に選ぶのがおしゃれ。夜は輝きの強いものを選ぶのが定番です。

いかがでしたでしょうか?意外と知らないマナーもあったのではないでしょうか。昼と夜ではふさわしいものが違ってきます。どちらにも共通して言えるのは、花嫁よりも目立たないことです。昼夜それぞれのマナーを頭に入れて服装を選べば、知っている人から見ればとても「できるひと」に見られます。このようなところからひとの印象は形作られていきますので、結婚式場での印象アップに、ぜこれらのマナーを生かしてくださいね。